インプラント治療について

インプラント治療とは

「インプラント治療」とは、歯の抜けた部分に人工の歯根を植え、その上に歯を装着する方法です。インプラントの構造は、骨の中に埋め込むフィクスチャー(歯根部)とアバットメント(土台)の二つに分けられ、この上に上部構造物(人工歯)を被せます。

インプラントの構造

インプラント治療とは

カウンセリングと精密検査

初めに患者さんの希望をお聞きしながら、インプラント治療の内容、他の治療との比較、費用などをわかりやすく説明します。その後、口腔内のX 線撮影、歯型の採取などを行い、インプラントを植える位置、必要な本数などを総合的に検討した上で、その方に適した治療計画を立てます。

口腔内の環境を整えます

インプラント治療前に歯周病や虫歯がないかチェックし、問題があれば治療を行います。

一次手術

顎の骨にインプラントを埋入します。
(無痛麻酔を用いるため、ほとんど痛みを感じません)

治療期間

一次手術後、インプラントと骨を結合させるため、3〜6ヵ月の治癒期間をおきます。
この期間は仮歯を使用していただきます。

二次手術

治癒期間後、患者さんに合わせて作製した上部構造(人工歯)を装着します。

メインテナンスと定期検診

インプラントや人工歯の状態、噛み合わせを確認するため、定期的な検診、クリーニングをお受けいただきます。歯科衛生士による適切なブラッシング指導も行います。インプラントは虫歯になりませんが、土台となる歯茎の病気、歯周病には注意が必要です。

他の治療方法との違い

  入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯 ブリッジ インプラント

メリット

  • 比較的簡単に治療が受けられる。
  • 通常の入れ歯なら治療費が安い。
  • 固定式なので違和感がない。
  • セラミック製の人工歯で行えば天然歯のような審美性が得られる。
  • 治療期間が短い。
  • 周りの歯を一切傷つけない。
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
  • セラミック製の歯を装着すれば天然歯のような審美性が得られる。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防ぐことができる。

デメリット

  • 固定性ではないので出し入れがわずらわしい。
  • 入れ歯を安定させるためのバネが目立つ。
  • 顎の骨が少しずつ痩せてくる。
  • 顎の骨の状態によっては入れ歯の安定が難しい。
  • ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • 支えとなる歯に負担がかかることがある。
  • 歯が入るまで時間がかかる(4〜12ヶ月)。
  • 重度の糖尿病など全身疾患の状態によっては、行えない場合もある。

歯科の治療が不安な方

当院では、ゆとりある治療時間を確保し、痛みのない快適な治療を実践しています。特に恐怖心が強い方は、胃カメラや大腸内視鏡検査などでも用いられる「静脈内鎮静法:点滴より薬剤を注入し、意識レベルを落とす方法(少し酔った感じとなります)」など、リラックスして手術をお受けいただける方法もお選びいただけます。